画像1

ジムは2階です!階段を上がっていただいて、2階にございます。

画像2

いつも元気なコーチ陣です。

画像3

別室に、更衣室・シャワールームも完備してます。シャワーは1回110円(税込)です。


 

ぐるっとリンク

 福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!
福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!

新着情報

2021.01.30

デブは何故モテない傾向にあるのか??男は胸を見られて、女はクビレを見られている

しんごコーチです★こんばんは!

ダイエットジムをしていると男性会員様は「胸筋をつけたい」女性は「クビレを作りたい」という要望が結構多いです。

でね、この欲求が何故なのか?紐解いていくと詰まるところは全てが人間の本能の部分にブチ当たってくるから面白いのですよ。

例えば、食で言ったら男女共通で「沢山食べたい=生命維持」男性の「贅沢な物を食える=経済力のアピール」女性の「料理上手=女としての能力のアピール」のように、キレイ&カッコよく見られたいというのも、生殖活動の分野まで話が及ぶのですね。


ある論文では女性の90%以上は男性の胸を無意識に確認するそうです。

そして、男性は女性の90%以上はクビレを無意識に確認するそうです。

この2つが何を示しているものなのか?ですが、コレは女性が本能的に腕っぷしの強さ&より強い遺伝子を求めている表れだそうで、昔は外敵から家族を守ってくれる可能性が高いのは貧弱な♂より、筋肉がある♂だったという名残りです。

男性がクビレを見る理由ですが、コレも昔に話が遡り、まだ食料が乏しく「肥満」が無かった時代に「クビレがある=妊娠していない」という目印になったからだそうです。

女性も男性もダイエットしたいというのは本能的な行動なのだとわかりますね。

・・・という訳で、太っている人がモテない傾向が強い理由は男性なら胸筋が見えないから、女性は妊娠している可能性が高いと本能レベルで思われてしまうからなのだと結論が出ます。


それはそうと、私は「胸筋バーン!俺の筋肉みてくれぃ!」みたいな筋肉バカが超嫌いなのですねww

タンクトップからこれ見よがしに胸筋とかを見せて本能的なアピールをしている男を見ると「もし本能的なアピールをする部分がケツの穴やチ〇コだったのなら、こいつはケツの穴やチ〇コも見せるんだろうなww」とかって思って笑けてしまうのですよ 笑

ですから俺のジムで痩せていけは「普通の体型になりましょう」と事あるごとにブログにかいております。

嫌いな理由は今まで「なんかバカっぽいから嫌い!」というだけの感覚だったのですが、、、

これは多分、自分より胸の筋肉のある♂を避ける本能なのかなと思った次第でございます。



ただね、私が今まで見てきた筋肉バカは「アナタに必要なものは筋肉ではないんじゃないか?」と思う人がほとんどだったのですね。

筋トレをすればビジネスでも成功するぞ!!的な本も数冊読みましたが、読んだ上での私の感想は・・・くだらね~でした。

・筋トレをすると自信がつく→筋トレで自信が付くのは肯定だけど、筋トレさえやっていれば世の中の大抵のことは上手くいくくらいのことまで書いた勘違いが多いこと

・もっとレベルが下がると「僕は以前はデブでした!でも、筋トレをして自信が付きました!だからその素晴らしさを知って欲しい」系の「で?その結果、相手がどうじゃなく俺はこうだっただけのダイエットの押し付け?つーか自信って胸筋デカイだろぉ??ってだけですの?そもそも自信くらい根拠のない自信を持てや!」みたいなね

でも、女性も男性も太っていてもモテる人って居るじゃないですか?それはなんなの??という疑問を調べてみたら・・・

上記のことは第一印象~数回会った段階での話でして、女性も男性も25歳を超えて本能だけではなく様々な要素で考える部分が出てくると、知的さがモテ対象になるのだそうです。人間の進化ですね。。

なるほどなと思いました。

なんとなく筋肉バカが嫌いだった理由は本能的で知的さが感じられないから!だったのだなと理解しました。



遊びたい&性欲&寝たい&食いたいだけの本能のままに生きている若者とかデブってたまに居るじゃないですか??

それ一辺倒はダメだと思うのですが、本能を知識として認識した上で本能に従いつつも理性もバランスよく持って生きることが出来れば、結構どんな体型でも楽しいかったり充実は計れるのではないかなと思った次第で御座います。☆
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません