画像1

ジムは2階です!階段を上がっていただいて、2階にございます。

画像2

いつも元気なコーチ陣です。

画像3

別室に、更衣室・シャワールームも完備してます。シャワーは1回110円(税込)です。


 

ぐるっとリンク

 福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!
福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!

新着情報

2020.10.04

食の誘惑に負け続ける人→太る思考の縮図をみました。

おはようございます。しんごコーチです★

昨日、ヤッチとメシを食いに行ったのですね。

食券のある某スタミナ系どんぶり店です。

※そこは普通盛りで牛丼の特盛くらいの量が売りのお店で、、、私はミニにしましたがそれでも多いのです。
※私達はその前後に散歩を入れてしっかりと調整をしております。


2人で食べていると、超太めの女性が1人で入ってきました。
※158㎝ 96キロくらいでしょうか。

食券機にお金を入れ何にするか決めているようです。

種類は決まったようです。

ただ、サイズが決まりません。

指を振り子時計のようにチクタクチクタクとさせて1分くらい本気で迷いました。

ただ、その迷い方はわずかな食への罪悪感からなのでしょう。
普通盛りに2秒のチク、飯マシ・肉マシに1秒タクという感じです。

ようやく決まりました。

肉マシ・飯マシです。

そして、かなり迷った素振りで追加で千円札を入れました。

そこもかなり迷いながらではありましたが、お肉を追加したのですね。(牛丼で言う牛皿)

なんと更に!財布の中から申し訳なさそうに、ゆっくりと1000円札を取り出し食券機に入れました。

入れてしまったら歯止めが効きません!カラアゲ10個的なものを「エイっ!!いっちゃえ!!」的なスピードで押しておりました。



でね、持ち帰り席に座っている時にカナリ辺りを気にして全テーブルのお客さんを確認するようにキョロキョロとしていたのですね。

店員さんが食券を預かって注文を確認しているときも→マスクを深くし、うつむきながら小さな声で返事をしておりました。

※マニュアルなのか店員さんも元気なことが災いして「〇〇マシマシ!!肉皿!!カラアゲ10個ですね!!!」と大声で復唱なんかするもんだから、なんかかわいそうになってしまうくらいにです。

その瞬間に私思い出したことがありまして→本当にどうしようもない人のダイエットをやっていた時期があったのですが、その人は「どうせ私のことは皆デブだって目で見てくるんですよ」だったのですね。

「そらそうだろ!!!!」と思いませんか??

人のことは気にするなら食うな!!!ってだけの話なのに、そこは食欲に負けてしまい→どうせ私はそう見られている!!!

↑本当にどうしようもないのですね。




あの恥ずかしそうな素振り・持ち帰りなこと・丼が2個以上ではなかったことが重なって9割以上の確率で自分で食べる用です。

最近の俺のジムには1人もおりませんが、こうなってしまったら本当に手の付けようがないですし、こうやって食欲に負け続けると雪だるま方式でお金も食欲も体型も歯止めがきかなくなってしまうのです。

今回の人が太るまでの思考と流れを縮図にしたような例でしたのでレポートしてみました☆


皆様!!明日からまたがんばりましょう~!!
































 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません