画像1

ジムは2階です!階段を上がっていただいて、2階にございます。

画像2

いつも元気なコーチ陣です。

画像3

別室に、更衣室・シャワールームも完備してます。シャワーは1回100円(税別)です。


 

ぐるっとリンク

 福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!
福島県で唯一の爬虫類専門店です!皆さんのイメージとはちょっと違ったエキゾチックアニマルの世界を是非観に来てくださいね!

新着情報

2020.10.16

完璧性よりも実用性を上げろ

拓朗コーチです!

完璧を求めたって、なんの意味もねーなと最近思いました。

その場その場で完璧を求めてしまう様だと、全体を何も見えていないなと。

完璧というのは、ある意味その人のエゴでしかないと思うのです。

例えば、1分だって逃したくない忙しいサラリーマンでごった返すような街があったとします。

あなたがその街のサラリーマンだと想像してください。

その街で30分も40分も店主のエゴで「いや。これじゃまだダメだ!」と客を待たせるような店にあなたは昼飯を食いに行きますか?

「どんだけお前の勝手で待たせんだ!」
となりません?

反対に、牛丼屋じゃないですが「うまい!安い!早い!」なんてラーメン屋が、その街にはあっているはずなのですよ。

この例で言うとそんな完璧性なんて、その店主の勝手であって、街の状況だったりとか周りの状況が何にも見えていないバカなんですよ。

そんな店が長く持つなんて思えません。

ただ、これは早さ勝負で雑にこなせ!という意味ではなく、ここで大切なのは、いかに実用性のレベル、クオリティーを上げていけるかという事なのです。

実用性に合わせながらも、そのレベルを底上げをしていく。
「うまい!早い!安い!」の状態からよりレベルを上げて行くことがそこで成長していくことに必要なことなのです。

つまり、ダイエットに置き換えてなにが言いたいかというと、その場その場だけの視点で完璧を求めていつまで続くんだ!?
という事です。

例えば、ササミとブロッコリーだけとかなんて。

その時だけの、完璧を求めるダイエットをやったって翌週に潰れてしまえば元も子もない訳です。

それなら、「生活にいかに組み込んでいくか。」
「実用性で考えてどうするべきなのか。」
を考える事こそが必要な事なのではないだろうかなーと思うのです。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっと郡山は一切の責任を負いません